こども美術教室 がじゅく 用賀スタジオのブログです。日々創作活動にいそしむ子供達の表情や毎回の授業の報告などを発信しています。(子供のための造形・絵画教室)

お子様の作品をピンボードに飾ろう!がじゅくのブログは写真をPinできます!
 Pinterest>>

2016年1月22日金曜日

用賀1/19(火)の授業報告

こんにちは!
投稿が大変遅くなりまして、申し訳ございませんでした。

火曜クラスの授業報告です♪

■幼児クラスは、先週に引き継ぎ、『カルタ制作』を行ないました。

↑う○い棒をモチーフに、お菓子のパッケージを描いています。
色づかいもオシャレで、素敵なパッケージです♪

↑  “【て】がたスタンプ”  の【て】の絵札です。

最初に画用紙を水で湿らせながら、薄く色をぬります。
画用紙が乾かないうちに、手のひらに絵の具をつけて丁寧にスタンプしていきました。
そうすると、上からスタンプした絵の具が適度に滲んで柔らかい表情が生まれます!

実はこの技法、先生が一から指導したのではありません!
先週の制作過程の中で、生徒さん自らが発見し、習得していたようです!(生徒さんがお話してくださいました)

それを今回、スタンプに応用して表現してくれたのです。
近くで見守っていた先生たちは、びっくりしていましたよ〜!
とっっても綺麗です!!!


↑体験に来てくださった生徒さんも、たった1日で3組も作って下さいました!

寒色系にまとめた色づかいがシンプルでオシャレです☆
読み札の文字も絵の具で描いたり、文字の大きさや配置にも拘っていて、完成度も良いですね(*^^*)

また一緒に制作出来たらいいなぁと思っておりますので、よろしければ遊びに来てくださいね〜!


たくさんのカルタが出来上がってきました!
授業の最後に1回だけカルタ大会を行ないましたね。
他の生徒さんの作品もよく見ていたようで、反応がとても早かったです☆

またカルタ大会したいですね!


■ここからは、少年クラスの授業報告です。課題は『帽子制作』『帽子制作の応用』『鳥のデッサン』『福笑い』。


↑『鳥のデッサン』制作中の生徒さんです。鉛筆の後に水彩絵の具で仕上げていきます。

鳥の羽そのものの色は、絵の具セットのチューブにはないので、混色して作っていかなくてはなりません。
赤や青、緑など、実際に単色では使わなさそうな色を混ぜると、意外とちょうど良い茶色加減の色が作れたりしますね☆

火曜クラスの生徒さんたち、自分でどんどん良い色を見つけていくので、とても頼もしいですよ(*^^*)


水彩絵の具の仕上げる生徒さんと、クレヨンで仕上げる生徒さんと、鉛筆デッサンのみで仕上げる生徒さんに分かれています。
完成のイメージによって、ベストな途中経過も変わってきますね。

今回は先生が、一人一人仕上げの方向を指示させて頂きましたm(_ _)m

長く通って下さっている生徒さんもいらっしゃるので、今までとはちょっと違う表現も引っ張り出してあげられたらいいなぁ、と思っています…!
期待しております☆


↑『福笑い』制作中の生徒さんです☆お顔だけではなく、手や腕も福笑いのパーツになっています。楽しい作品になりそうです!


↑『帽子制作』『帽子制作の応用』です。
下2つの作品は完成しましたよ〜☆

左)切りっぱなしの布のカタチがオシャレに活かされています。
帽子の裏側や隙間に真っ黄色の絵の具を差してあって、素敵なんですよ♪

右)布をくるくるっとまとめて、キュートなボンボンが付きました♪
大きめハート♡型のワンポイントが可愛いです!
裏側の狭いところまでしっかり布を貼り込んで、丁寧に仕上げることが出来ましたね(^-^)


上)帽子の応用でお家のオブジェを作っている生徒さんも、いよいよ飾りつけの段階に入りました♪
複雑な展開図を考えるところから始めて、人一倍頑張って作っています(^-^)
完成に向けて、あとひと息ですね!


担当したのは、じゅんや先生とひさこ先生でした。(記:ひさこ先生)

こども美術教室がじゅくはブログランキングに参加しています。ポッチとよろしくお願いします
Thank You! にほんブログ村 教育ブログ 図工・美術科教育へ  ありがとうございます

がじゅくのホームページへ